Home > 工場ブログ Archive

工場ブログ Archive

はぐくむ?その3、そして入学試験なきもち

こんにちは。開発担当のKooです。
エコーレアクレンジングオイルの開発当時のお話をしています。

これまでに
・クレンジング料を作ろう!と決定したおはなし
・クレンジングオイルにしよう!と決定したおはなし
・こんなふうにベースオイルを選びました
・洗い流せるタイプにしました
という流れでお話しをしてきました。

前回後半で、洗い流すための成分のおはなしから「つづき」になっていました。洗い流すための成分、みなさんがよく耳にする言葉で言いかえれば「界面活性剤」「乳化剤」とも表現されます。
この「界面活性剤」という言葉、みなさんにとってどのようなイメージ・印象がある成分なのでしょうか?界面活性剤はその名の通り界面に働きかける成分です。界面活性剤は様々な産業で用いられている成分の総称で、あまりに広い分野のお話になってしまうので、全体の詳細をご説明すると大変なことになってしまいます。今回お話ししている「エコーレア」の「クレンジング剤」に配合する界面活性剤として「お肌にやさしく」「より、安全なもの」という観点で選択しました。選択に関して条件もいろいろあると思いますが、開発当時のスタッフで検討を重ねた結果「食品にも使えるもので、お肌にもマイルドな構造のもの」を選択し配合検討をしました。
界面活性剤と各種オイルの相性、洗い流す時にオイル成分を無理なく流せる配合量、割合を考えて、検討して・・・ 「これは」というサンプルができれば商品開発スタッフで、使用試験をし、使用感、メイク落ち等評価をして、検討して・・・
まさに「検討を重ねた結果」開発段階での処方が決定しました。

この処方を基に「実機試作」を行います。実験室で検討した「処方」を製造スケールで無事作ることができるのか、を製造部のスタッフと検証する段階です。製造に際して工程等微調整を行い「製造できる」こと、これを世の中に出してOKと判断できたことで、いわば「小学校入学」の気分です。
ああ、あなたの新しい世界が始まるのね。たくさんのお友達(:お客様)をつくってね、と送り出すような気持ちです。
子どもたち(:製品)を送り出すにあたって、製品検査をします。身長、体重を量り、自分の気持ちを上手にお話しできるかな、お箸をきちんと使えるかな、といったイメージで、粘度、比重といった物性値、キャップや外装など規格どおりに製品が仕上がっているか、充填品の外観、ラベルやその内容、ロットが打たれているか・・・といった項目を設けてあり、試験を実施しています。試験に合格したものだけがお客様のお手元に届くような体制になっています。

はぐくむ?

こんにちは。開発担当のスタッフKooです。
前回のブログでは、開発する化粧品が決まって、その機能を満たす前提で、どのような形状にしようか、と「骨格を考える」あたりまでお話ししました。今回は次の段階、はぐくむといったイメージでしょうか?

次に「作り方」ですが、同様のお仕事をされている人は世の中たくさんいると思いますが、おそらく、その人なり、その会社なりの進め方、スタイルがあろうかと思います。決まったやり方、はなさそうです。


これは、やはりお料理に例えても良いかもしれません。「お寿司屋さん」の「マグロの握り」は、「マグロの握り」の基本は抑えていて、あとは、そのお寿司屋さんオリジナルの調理等があろうかと思います。
「我が家のマカロニグラタン」と「お隣のマカロニグラタン」は「マカロニグラタン」の基本は抑えているけれど、どこか違いがあるはずです。トリもも肉を使う?ささみを使う?ツナ缶をいれる?などなど。


クレンジングオイルの処方を作ることになった時、まず、「我が家ならでは」にあたる「エコーレアならでは」に相当する事を考えました。
クレンジングオイルのベースであり、その大部分を占めるのは「オイル(油)」です。化粧品に使用できるオイルには

  • 動物由来
  • 植物由来
  • 魚由来
  • 石油由来
  • 上記由来原料を基に合成したもの

があり、それぞれのカテゴリにもたくさんの種類があります。
その他に

  • 常温で固体脂か、液状油か?
  • 精製度はどの程度か?
  • 何色か?
  • 構造、構成は?
  • 刺激等の恐れがあるか?

などなどを確認します。
エコーレアから発売するクレンジングオイルにふさわしい油を開発部門、企画部門で話し合い、検討、時に議論を戦わせ(!)選択していきました。


次に話し合ったのは「使い方」「使い勝手」について、でした。
一般的にクレンジング料の使い方には

  • メーク汚れとなじませた後ふき取るタイプ
  • メーク汚れとなじませた後洗い流すタイプ

の二つに分けられます。この二つの違いは、処方的には「洗い流す際に水に流れるようにする」ために、乳化剤を入れるかどうか、の選択になりました。
乳化剤はすでに述べたオイルの選択肢よりも膨大な種類が存在します。たくさんの乳化剤の中からやはり、「エコーレアの方針に照らしてふさわしいもの」を同様に選びました。


ここまでで、「メインの原料」が決まりつつあります。
ではここから「どんなふうに作るのか…?」というお話ですが、これまた長文になってしまったので、「次回に続く」と致します。

エコーレア クレンジングオイルエコーレアのクレンジングオイルは、オリーブ由来スクワランパームフルーツオイルを配合。界面活性剤は植物由来で食品添加物にも使用されているものを選びました。伸びがよくメークや汚れをきちんと落とします。

レシピを考える

こんにちは。エコーレア 開発担当のKooです。
化粧品が生まれる、産むときのお話をしましたが、今回は化粧品のマタニティ期、あたりの、「処方」「レシピ」をどのようにつくっているのか、という話題にしようと思います。
「お料理のレシピ」であれば、「今晩のおかず、何にする?」「何か食べたいものない?」と考え始めることがあるかと思います。あるいは、ホームパーティーに数人お招きする場合、その数人が共通して好きなものを作れたら、こんなにいいことはないですよね?自分が食べたいものを作る、という選択も、もちろんありますけれど・・・。 またまたあるいは、「たくさんジャガイモをいただいたから、ジャガイモ料理をいくつか考えよう」、という始まりもあるかと思います。


化粧品のレシピでは、「その機能を満たしていること」をまず、考えます。クレンジング料であれば「メイク汚れを落とすこと」、リップクリームであれば「唇を乾燥から護ること」。といったように。
クレンジング料のレシピを考えるのであれば、

  • どの材料(原料)の働きで、メイク汚れを落とそうか・・・?
  • 形状はどうしようか?オイル?ローション?ミルク?クリーム?…?
  • どの程度のメイクまで落とせるほうがよいかな?泣いても落ちないマスカラは?カップにつかない口紅は?高はっ水性の日やけ止めは?…?
  • その他、…

これを自分一人で考えるのではなく、

  • 企画担当部署等と意見交換したり
  • 市場の様子を見たり
  • エコーレアのお客様のニーズを分析したり

いろいろな人といろいろな話をして「骨格」を決めていきます。


お料理に例えて言うなら「肉じゃがにしよう!」程度の決定をこのあたりでします。
肉じゃがを作るなら、

  • 肉の種類
  • ジャガイモ、にんじん、玉ねぎの種類
  • 出汁の種類

などなど、どんな材料を入れようか、検討するかと思います。


「骨格」を決めたら次はいよいよ「作り方」です。
長文になってしまったので、続きは次回のお楽しみ。

110916_01-01.jpg エコーレアのリップクリームは、ミツロウビーワックス~ を配合していないので、ミツバチ由来成分が気になる方でも安心してお使いいただけます。冬って実は紫外線が強いし、乾燥するので、唇も荒れやすい季節です。シアバタークプアスバター保湿成分がしっとりうるおいを与えてくれます。鉱物油動物由来の成分は一切配合せずに、香料・着色料・防腐剤も無添加です。

産む、感じ

こんにちは。エコーレア 開発担当のKooです。
先日のブログで化粧品開発の部分は「産む感じ」とお話ししました。
産むといっても激痛はありません!!


ある化粧品にどんな原料をどのくらい配合するかをまとめたものを「処方」と呼んだりします。この「処方」を考えるのが「産む」こと、私の役割です。
「レシピ」といえば想像しやすいでしょうか。
例えば
お醤油小さじ1、砂糖小さじ2、塩少々


お料理をするとき、わたしは仕事柄か、性格なのか、レシピ本通り調味料をはかり、味付けしたくなる方です。材料が少々違っても気にならないのですが、「まず、基本の味はどうなのよ??」と確認したくなります。お料理であれば、数日後、数カ月後また食べたくなったら、レシピを覚えていればその通りでもよいでしょうし、「もうちょっとだけ甘くても良かったかな?」と思えば「匙加減」するのではないでしょうか。旦那様の好みの味にアレンジするとか、お子様用に辛さを減らすとか。
そうやって家庭の味、あなたの味が育ってゆくでしょう。


化粧品のレシピはどうでしょう?
ご自分で精製水やグリセリンを購入し、「自分で使う用」であればお料理同様「私のレシピ」にアレンジしていくことでしょう。
わたしたちはお客様に購入いただく製品としての化粧品を作っています。例えば一度お買い上げいただいて、気に入っていただいたとします。気に入って次回購入したものが…「前と違うじゃん!!」
では、お話になりません。
毎回、キチンと、同じものを作る。これが基本でとても大切なことなのです。


もし、化粧水であれば、たとえば、「エコーレア化粧水 しっとりタイプ」としてふさわしいものが出来上がるよう、処方段階はもちろん、製造工程を経て検査工程があります。製造、パッケージ工程が学生時代、検査工程が卒業試験、のイメージ?でしょうか。
卒業試験をクリアした製品が出荷され、お客様のおうちに向かい、お肌とココロをうるおす「仕事」をするという訳です。

化粧水 しっとりタイプ そんな卒業試験をクリアした自慢の製品『化粧水 しっとりタイプ』です。
これからの季節、空気が乾燥してきます。乾燥肌・敏感肌のかたは、お肌のお手入れをお忘れなく!
『化粧水 しっとりタイプ』はそんな乾燥肌のかたにピッタリの製品です。ヒアルロン酸を配合しているので、洗顔後のアルカリ性に傾いた肌を素早く弱酸性に戻し、乾燥しがちな肌をしっとりやわらかくします。
もちろん、肌にやさしいエコーレアの化粧水(肌になるべく刺激をあたえないためにパラベン・フェノキシエタノールを使っていません)。敏感肌のかたにもオススメします!

自社工場

こんにちは、エコーレア 開発担当のKooです。
先日「化粧品の定義」について簡単にお話ししましたが、化粧品を製造するには

    化粧品製造業許可

販売するには

    化粧品製造販売業許可

これらの許可を得なければなりません。

エコーレアは化粧品製造できる自社工場を持っているのです!!当然のことながら、上記の許可を持っています。
これらの許可を受けるには、

  • 工場(建物、設備)が要件に合っていること
  • 化粧品製造にあたって文書記録類が整備管理されていること
  • 要件に合う「ひと」がいること

などが求められます。

自社工場があるということは原料の調達保管中身製造パッケージ出荷までの工程すべてにあたって、監視できるというメリットがあります。

自社工場がなくても化粧品を販売することはできますが、エコーレアでは一つ一つの工程に責任を持って生み出し、わが子のように育て上げた一つ一つの製品を、お客様にお届けしたいという気持ちを常に持ちながら日々の業務に取り組んでいます。
わたしの受け持つ工程は、その中でも「産む担当」といったところでしょうか??
化粧品処方を「産み」、工場の製造担当へ「こんな子(:化粧品)ができたので、世間(:お客様)に通用する(:試作品ではなく製品になる)よう、一緒に育てて(:製法提案をする)ください!」「発熱(:製造トラブル)したらすぐ引き取りに伺いますから…(一緒に育てましょう)」といったイメージでお仕事をさせてもらっています。無事中身の製造ができるようになれば晴れて「小学校入学」といった感じでしょうか?

工場外観
工場の外観はこんな感じです。

作業風景
工場内の作業風景です。

充填
容器に入れているところです。

Home > 工場ブログ Archive

Return to page top